意外と使える賃貸物件の火災保険!火事以外にも使える補償とは

意外と使える賃貸物件の火災保険!火事以外にも使える補償とは

部屋を借りるとき、不動産会社のすすめで加入した賃貸物件の火災保険。補償内容を詳しくチェックせずなんとなく入ってしまった人が多いのではないでしょうか。しかし、賃貸物件の火災保険には火事以外でも使える補償があるので、どんなときに使えるのかを知っておくといざというとき助かります。今回は賃貸物件の火災保険について解説します。

賃貸物件の火災保険とは

通常、火災保険の補償対象になるのは建物と家財です。賃貸物件では建物は大家さんが保険をかけているため、貸借人は家財にのみ保険をかければ十分です。賃貸物件の火災保険のほとんどは「家財補償」に加えて、大家さんに対する損害賠償責任をカバーする「借家人賠償責任補償」、日常生活で発生した損害賠償責任を補う「個人賠償責任補償」がセットになっています。

家財補償

家財とは家具や家電、衣類などのことで、火災や落雷、風災、水害、水漏れ、盗難などで壊れてしまった場合、損害を保険金でカバーできます。家財が火事で燃えてしまったときだけではなく、空き巣被害に遭い現金と通帳を盗まれた、近くに雷が落ちて家電製品が壊れたときなども補償されます。

補償条件として不慮かつ突発的な事故でもカバーされる保険では、部屋で子どもがボールで遊んでいてテレビ画面を割ってしまったときも補償対象になります。

また、部屋のなかだけではなくマンションやアパートの専用駐輪場も対象になるケースが多く、駐輪場に停めていた自転車が盗難被害に遭ったときも保険金でカバーされます。

借家人賠償責任補償

火事や水漏れなどで部屋に損害を与え、大家さんに対して損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われます。

例えば、ストーブの消し忘れでボヤを起こして壁が燃えてしまった、台風で瓦が飛んできて窓ガラスが割れた、洗濯機のホースが外れて床が水浸しになったときなどに補償されます。家財保険と同じく、火災以外に落雷、風災、水害、水漏れ、盗難時に使える補償です。

個人賠償責任補償

日常生活で他人にケガをさせてしまったり、物を壊してしまったりして損害賠償責任が発生したときに補償されます。マンションやアパートの敷地内だけではなく、日常生活全般で起きたトラブルが補償されます。

例えば、子どもがボールで遊んでいてよその家の窓ガラスを割ってしまった、自転車で走行中、通行人にぶつかってケガをさせてしまった、飼い犬が他人にかみついてケガを負わせたときなどが対象です。個人賠償責任補償は借りた部屋とはまったく関係のないトラブルでも補償されるため、万一のときに使えます。

必要な補償金額の決め方

部屋を借りるとき不動産会社からすすめられる火災保険は、補償金額があらかじめ決められているプランが多いです。しかし必要な補償金額は個人差があり、とくに家財補償は家族構成によって大きく異なります。

例えば、損害保険ジャパン日本興亜株式会社の家財新価一覧(※)を参照すると、大人2人のみの家庭なら490万円(25歳前後)~1,550万円(50歳前後)、大人2人・子ども1人の3人家族なら580万円(25歳前後)~1,640万円(50歳前後)が必要な補償金額の目安です。

一般的に家族の人数が多いほど物が多く、年を重ねるほど物が増える家庭が多いです。家族構成や年齢を目安に必要な補償金額を決めましょう。

個人賠償責任補償は1,000万円~1億円と保険会社によって開きがあります。過去には自転車事故によって約9,500万円の損害賠償金の支払いを命じられた判決もあるため、1億円補償される契約が安心です。

賃貸物件の火災保険に関する注意点

不動産会社のすすめる火災保険以外を選んでもOK

賃貸物件の火災保険は不動産会社がすすめる保険だけではなく、自分でぴったりの保険を探してきて加入することもできます。不動産会社のすすめるプランには、補償金額が自分にあっていない、不必要な特約がついている、保険料が高い契約もあるかもしれません。その場で契約書にサインせず、一旦持ち帰ってから検討するといいでしょう。すでに加入済みの人は解約して新しい保険に加入することもできます。

引っ越しするときは二重加入に気をつける

引越しすると、加入済みの火災保険のことを忘れて新しい火災保険に加入してしまう人がいます。二重に加入しても損害額を超える補償は受けられないので保険料を無駄に支払っていることになります。

引っ越し前に加入した保険は住所変更をすると継続することができるためそのまま加入するか、他にいい保険が見つかったら解約して新しく入り直すといいでしょう。

【まとめ】賃貸物件の火災保険は火事以外にも使える

賃貸物件の火災保険は火事だけではなく、風災や水害、水漏れ、盗難、日常生活のトラブルなどさまざまなシーンで活用できます。加入している保険によって補償の対象となるものや条件が異なるので、ぜひすでに加入している保険の補償内容をチェックしてみてください。

※参照URL

【公式】損保ジャパン日本興亜
損保ジャパン日本興亜の公式ウェブサイト。自動車保険、火災保険、地震保険、海外旅行保険など、様々な商品をお届けするとともに、お客さまの安心・安全・健康をサポートします。

暮らしカテゴリの最新記事